めっき・成形事業

ホーム > めっき・成形事業 > 一貫生産体制
  • めっき
  • 成形
  • 一貫生産

一貫生産体制とは

3次元データや図面データから金型を製作し、めっき等の表面処理や組立まで行い納品することが可能です。 開発案件や試作品等についても、ご提案を含め対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。


【金型設計製作】

 

生産準備会議にて課題を抽出し、めっき・加工等の全工程のQCDEを考慮した金型設計及び各種治工具の設計

 

【プラスチック成形】

 

【ダイカスト】

 

【めっき・塗装・加工】

 

安定品質・コスト削減

工程改善に、積極的に取り組んでおります

ゲートカット治具、製品を納めるトレーの金型、表面改質装置、その他製造ラインや設備に自社開発の省力化装置で対応しております。

   

微小バリ取り装置
(BLT)

  ゲートカット治具   トレー金型   バレルメディア
残り確認治具
  ダイカスト用 バリ取り装置

一貫生産のメリット

一貫生産であれば・・・! 初期流動段階で量産工程を考慮した金型設計製作を行なうことができます。

豊富な経験と実績をもとに金型の設計段階で蓄積された技術を反映して、量産でのトラブルの軽減や生産性の向上を図ることができます。また初期流動で省力化装置や検査治具等の工程改善を提案することも可能です。

一貫生産であれば・・・! お客様のご希望するロケーションにあわせて供給が可能となります。

国内とアジア地区の生産拠点を組み合わせることにより、お客様がご希望する地域で製品の供給が可能です。(ご相談してください!)